toggle
ブログ
2020-07-02 | 楽しい音楽

今もやつらの足音が・・・/7月(文月)の楽曲

2020年 7月(文月) 今月皆さんにお届けする楽曲はこちらです。

作曲 かまやつひろし
作詞 園山俊二
曲名 「やつらの足音のバラード」

アニメ 「はじめ人間ギャートルズ」のエンディングで流れていた楽曲です。
子供の頃見ていたアニメで原始人たちの日常を独特のユーモアで描いたギャグ漫画です。
エンディングに流れるこの曲「やつらの足音のバラード」がとても好きでカセットテープレコーダーをテレビの前に置いて録音したほどです。
あれから何十年経ったのでしょうか、小泉今日子、スガシカオなどいろんな人がカバーしているみたいです。
スタンダードナンバーですね。

シンプルで壮大で奥が深い歌詞、かまやつさんの個性的なメロディーライン
今聴いても全く古さを感じない名曲の一つです。
かまやつさんありがとう。

それではご堪能下さい。

2020-02-06 | 楽しい音楽

気づいたら鼻歌、そう「Close To You」/6月(水無月)の楽曲

2020年 6月(水無月) 今月皆さんに聴いていただきたい楽曲はこちらです。

アーティスト名:Tommy Emmanuel  トミー・エマニュエル
曲名:Close to you クロース・トゥ・ユー(邦題:遥かなる影)

バート・バカラックとハル・デイヴィット作の超有名曲です。
1970年にカーペンターズがカヴァーし全米1位を獲得したのでカレンの歌声が今も
ラジオからよく流れてきます。
名曲中の名曲です。

今回ご紹介するトミー・エマニュエル ギタリストです。
アコースティックギターの神様と呼ばれるほどのギターの達人、陽気な
オーストラリア人です。

そんな彼が「Close to you」を演奏しているんです。
楽しそ~に 思い入れた~っぷりに弾いてくれています。
もう見とれてしまいます。ウットリします。ため息でます。感動します。
「Close to you」ぜひ聴いてみて下さい。

2019-08-26 | 楽しい音楽

2019年最後はやっぱり J.S.バッハ です。/12月(師走)の楽曲

2019年12月(師走)今月はこちらの曲をご用意いたしました。

「主よ、人の望みの喜びよ jesu、joy of man’s desiring」

J. S. バッハによる教会カンタータ「心と口と行いと生活」
の中で登場するメロディです。

イギリスのピアニスト、マイラ・ヘス(Dame Myra Hess DBE:1890-1965)
がピアノソロに編曲したことから独立した曲として演奏されるようになったそうです。

この曲はコラールと言って合唱曲なんですが
クラシックギターによる演奏でお聴きください。

クラシックギターで聴くとすごく落ち着くんですよね~。
J.S.バッハ 大好きです。

2019-08-26 | 楽しい音楽

瞳を閉じれば春が聴こえてきます/4月(卯月)の楽曲

「たんぽぽや 日はいつまでも 大空に」 中村汀女 作
2020年 4月(卯月) 皆さんにご紹介したい楽曲はこちらです。

アーティスト名:Virginia Astley ヴァージニア アストレイ
曲名:Melt The Snow(instrumental)

この曲はアルバム「サンクタス」に収められている最後を飾る一曲です。

彼女の故郷オックスフォードシャーの田園風景を描いたアルバム
になっています。
メルトザスノウはそんな田園風景の雪が融け始めた頃、初春の風景を
表現した作品になっているのだと思います。

とても心が落ちつき穏やかな気持ちにしてくれます。
この曲を聴いて一休みしてみてはいかがでしょうか。
癒されますョ~

2019-08-26 | 楽しい音楽

こんな時期ですから空想に耽るのもいいかも/5月(皐月)の楽曲

2020年 5月(皐月) 今月皆さんにご紹介したい楽曲はこちらです。

アーティスト名:The Lovin’Spoonful  ラビン・スプーンフル
曲名:Daydream  デイドリーム

1965年デビューシングル「魔法を信じるかい?」がいきなり大ヒット全米9位
その後も数々の素敵なヒット曲を世に送り出してくれました。

このバンドのリーダーはジョン・セバスチャン。
古き良きアメリカンミュージックを彼らなりに甦らしたバンドの中心人物です。
彼らの作り出す音楽はどことなく懐かしく心地よいことから
「グッドタイムミュージック」と呼ばれたそうです。
今月ご紹介するグッドタイムミュージック「デイドリーム」聴いてみて下さい。

他にも素敵なナンバーを沢山残してくれました。ありがと~。
ジョン・セバスチャンのソロアルバムも隠れた名曲がありますよ興味があったら
ぜひ聴いてみて下さい。

2019-08-26 | 楽しい音楽

この雪は心の中に優しく舞い降りる/2月(如月)の楽曲

2020年 2月(如月)今月ご紹介したい楽曲はこちらです。

作曲  Carlo Domeniconi カルロ・ドメニコーニ
演奏者 Franziska Henke
曲名  Schnee in Istanbul 「イスタンブールの雪」 


カルロ・ドメニコーニ・・・イタリア出身 ジャズ、クラシックギター奏者、作曲家

ギターを演奏している女性の詳細は分かりません
本人が弾いている「イスタンブールの雪」より
彼女が弾くこの「イスタンブールの雪」の方が
私好みなのでこちらをご紹介いたします。

神秘的というかエキゾチックというか無国籍な音の響き、心地よいメロディー。
いつまでも聴いていたい
この音の響きにずっと浸っていたい
いつまでも寄り添っていたい
もう感嘆です。溜息しか出ません。

この曲に出会えたことにとても感謝いたします。

それではご覧下さい。

2019-08-26 | 楽しい音楽

蒼天にひびく素敵なハーモニー/3月(弥生)の楽曲

2020年 3月(弥生)今月みなさんにお届けしたい楽曲はこちらです。

アーティスト名:Everything But The Girl エブリシング バット ザ ガール
曲名:Birds バーズ

Everything But The Girl・・・トレイシー・ソーンとベン・ワットによる
ネオ・アコースティックの代表的なデュオ。1982年に結成されたユニットである。

1993年に発売された
「The only living boy in new york」ニューヨークの少年
に収められています。ニールヤングのカヴァーです。

この「Birds」という曲のオリジナルは
ニールヤングの名作アルバムである 「After the gold rush」 に収められています。

この曲がこんなに変わるんですね~。
カヴァーが良いのは音楽センス抜群である証拠です。
この爽やかで素敵なハーモニーをどうぞ聴いてみて下さい。
いや~ウットリします~。

2019-08-26 | 楽しい音楽

やさしさに包まれてみませんか!!/11月(霜月)の楽曲

11月(霜月)になりました。今月皆さんにお届けする楽曲はこちらの曲を
選曲いたしました。

アーティスト Egberto Gismonti  エグベルト・ジスモンチ
曲名     Palhaço  パリャ―ソ 

パリャ―ソとはポルトガル語です。意味はピエロだそうです。
エグベルト・ジスモンチ・・・1947年ブラジル、リオデジャネイロ生まれ
作曲家、ピアニスト、ギタリストであり、クラシックやジャズなどの枠を
飛び越えてジスモンチの世界を作り続けてるアーティストです。

1~2年前、YouTubeで何か良い曲ないかな~と探していたら、この
「エグベルト・ジスモンチ」の「パリャ―ソ」に辿り着きました。
この動画の内容がどういうシチュエーションか分かりませんが
ジスモンチが何やらもう一人のおじさんに「パリャ―ソ」をピアノで
弾いて聞かせるんですが、これが良いんです、素晴らしいのです。

曲も素晴らしいのですが、演奏が思い入れたっぷりで、優しさが私を
包み込んでくれるようなそんな気持ちになり感動して瞳が潤んでしま
いました。

皆さんも何か感じ取っていただけるのではないでしょうか。

それでは聴いてみて下さい。

2019-08-26 | 楽しい音楽

2020年はこのラブソングから/1月(睦月)の楽曲

あけましておめでとうございます
2020年 1月(睦月)今月お届けする楽曲はこちらです。

アーティスト名:ドノヴァン
曲名:Catch The Wind 

1965年 この「catch the wind」でデビューしました。
この曲、ギターとハーモニカでシンプルに演奏されているラブソング
なのです。(ベースも入ってます)
愛する気持ちを唄い最後にそれは「風を捕らえるように難しい」
と綴っています。
風=形のないもの 話はそれますが私は形のないものが好きです。
「風」とか「空」とか「愛」・・・とかね。

とにかくこの素敵な唄を聴いてみて下さい。

2019-08-25 | 楽しい音楽

愛してる人がいるのなら手遅れになる前に聴いて下さい/10月(神無月)の楽曲

2019年 10月(神無月)今月皆さんにお届けする楽曲はこちらになります。

ブループ名 Brooklyn Bridge  「ブルックリンブリッジ」
曲名    Worst that could happen   邦題「恋のハプニング」

1969年全米3位という大ヒット曲です。
ドゥワップグループで有名なクレスツのヴォーカルである
ジョニーマエストロを中心に結成された11人編成の大所帯グループです。

作曲はジミーウェッブ 数多くの名曲を生んだ有名な作曲家です。

愛していた女性が結婚するという話を聴いて、大変だぁ~僕にとって
最悪の出来事だぁ~。
という内容の歌です。曲の終わりに結婚行進曲のメロディーが鳴り
お~結婚なんかしちゃだめだぁぁぁ~と・・・・・
こんな感じの内容の曲になっています。

それでは皆さんご堪能下さい。

2019-08-25 | 楽しい音楽

夏の終わりに聴いてみて下さい!/9月(長月)の楽曲

2019年 9月(長月)今月皆さんにお届けする楽曲はこちらです。

アーティスト Robin Ward  ロビン・ワード
曲名 Wonderful Summer ワンダフルサマー

9月の声が聞こえてくるとやっと暑い夏が終わったんだと嬉しくなるのですが
なんだかちょっと、ほんとにちょっとなんですがさみしさも残るんです。
そんな時
1963年リリースされたこのガールポップの名曲 夏の終わりの恋物語を
歌った「Wonderful Summer」この曲が締めてくれます。
鍋の締めみたいな・・・・???

夏の終わりの締めの曲ですね。

それでは夏の終わりを味わって聴いてみて下さい。

2019-07-10 | ブログ, 楽しい音楽

夏空の下 切なさ募る 胸いっぱい/8月(葉月)の楽曲

2019年8月(葉月)今月皆さんにお届けする楽曲はこちらです。
曲名 water is wide 邦題 悲しみの水辺
歌手 Karla Bonoff (カーラボノフ)です。

おそらく聴いたことがある方もいらっしゃると思いますが
数年前にNHKのドラマなどで使われていたようです。

この曲もともとはスコットランド民謡(トラディショナルソング)で歌い継がれてきた名曲もはやスタンダードナンバーですね。
いろんな人がカバーしているのですが私はこのカーラボノフで初めてこの曲を知り
ました。おそらくこの曲が収められている彼女の2ndアルバム「ささやく夜」が発売された1979年頃だと思います。

久しぶりに聴きましたがやはりいいものはいいですね~。
昔と変わらない情感がこみ上げてきて少し震えました。
この感動をまだこの曲を知らないあなたに聴いていただきたいので
今月ご紹介するに至りました。

それではどうぞお聴きください。



『Water Is Wide』この曲は詩も素敵なんです。

2019-07-01 | ブログ, 楽しい音楽

夜更かししてるとサンドマンがやってくるぞ~/7月(文月)の楽曲

2019年 7月(文月)今月皆さんにお届けする楽曲はこちらです。
グループ名 The Chordettes(ザ・コーデッツ)
曲名 Mr.Sandman(ミスターサンドマン)

とても古い曲です。50年代に活躍した女性コーラスグループ、ザ・コーデッツが
1954年に大ヒットさせました。
サンドマンというのはヨーロッパの民話に出てくる妖精、砂男 だそうです。
夜更けに表れて眠気を誘う魔法の砂を投げつけて眠らせる。
善人なんじゃないでしょうか?それとも悪人なんですかね~?
私には分かりません???

夜更かしをする子供に「ザントマンがぁ~やってくるぞぉ~」
と脅して寝かしつける習慣があったそうです。
それではどんな呪いのメロディーなのかどうぞ聴いてみて下さい。



素敵なハーモニーです。
今のところまだ夜もスヤスヤ眠れますが梅雨が明けて7月も中頃になると夏本番
暑さ本番、夜も寝苦しい日がやってきます。
そんな時にこの曲を思い出しサンドマンの力を借りてみてはいかがでしょうか。

The Chordettes(ザ・コーデッツ)は他にも映画「スタンドバイミー」でも使われた
「Lollipop」ロリポップも有名です。
コーラスやハーモニーが好きな方、50年代には、た~くさん名曲が眠っていますよ。

2019-06-01 | ブログ, 楽しい音楽

しとしとと降り続く雨の日にはこんな曲が似合いそう /6月(水無月)の楽曲

2019年 6月 水無月

梅雨の季節になりました。
長く続く雨には少し憂鬱な気分になってしまいがちですが
今月ご紹介する楽曲を聴いて気分転換してください。

6月(水無月)にご紹介する楽曲はこちらです。
モーリス・ラヴェル作曲『亡き王女のためのパヴァーヌ』です。
ラヴェルのピアノ作品の中で本も有名と思われる作品。
彼がまだ音楽院の学生だった頃に発表されました。
ピアノ曲として作られたこの『亡き王女のためのパヴァーヌ』ですが
後にラヴェル自身によってオーケストラ用に編曲されています。
どちらも人気がありますが今回聴いていただくのはクラシックギターで
演奏されている『亡き王女のためのパヴァーヌ』です。
個人的にはピアノだけ、ギターだけで演奏されているのが好きなのでこれを選びました。
それでは聴いて下さい。



このギターに編曲された『亡き王女のためのパヴァーヌ』は
なぜか雨が似合うような気がするんですよね~
窓の外、しとしとと、降っている雨をただボケ~ッと眺めている
そんな風景が頭の中に浮かぶのです。

雨が降っている日にでも聴いてみて下さい。

晩年、ラヴェルが自動車事故により記憶障害が進行してしまった際、
この曲を聴いて「この曲はとてもすばらしい。誰が書いた曲だろう。」
と言ったという逸話もあります。

2019-05-01 | ブログ, 楽しい音楽

5月の青い空に届けたい名曲です/5月(皐月)の楽曲

2019年 5月(皐月)
令和の時代が始まりました。
この5月に皆さんにこのような名曲をご用意いたしました。
澄んだ青い空を見ながら聴いて下さい。
The Beach Boys(ビーチボーイズ)の Disney Girls(1957)
(ディズニーガールズ1957)です。

今回はあまり説明はしません。  
何はともあれ一度聴いてみて下さい。
あなたの疲れた心をきっと癒してくれます。



いい曲ですね~。もうため息しか出ません。何も言うことはありません。
ビーチボーイズに感謝です。

1 2 3 4